フリーターは余裕をもった対応を

 会社が求めているのは、会社員として働けるかどうかです。もちろん、コミュニケーション能力などをアピールするためにフリーターの経験をいうことは間違いではありません。

 

 ただし、フリーターとしての経験を前面に出すのはやめるべきです。フリーターは時間がくれば帰れるものです。会社員となれば、仕事が終わるまでは帰れません。そこを良く理解しているかを見られるものです。企業によって違いはありますが、会社員としての自覚があるのかどうかも試されます。

 

 どんな質問がきたとしても、慌てたりしてはいけません。動揺することなく、冷静に対応する姿勢が必要になります。あとは、失敗したとしてもめげないことです。

 

 景気が回復傾向にあるとはいえ、すぐに就職できるケースはまれなことです。年齢によりますが、二十代であれば就職できる可能性は高いです。ですが、三十代になると会社側もいろいろ求めてくるので就職しづらいというのが現状です。三十代となれば、会社の中で周囲をまとめることと経営に関わってくる人物になります。もちろん、日本の会社すべてがそうなっているわけではありません。

 

 よって、三十代ならば将来の展望と多くの知識を知っていることをアピールしなければいけません。就職したいと考える企業は、どんなことをしているのかを知り、どんな人物を求めているのかを考えれば面接の時にどう答えればいいのかが分かってきます。印象的に見せるためにも、大きく聞き取りやすい声で話すことも必要です。

 

 

お役立ち情報
40代の転職の流れ
40代で転職を考えたらまずは一連の流れを確認しよう